カドブン KADOKAWA発の文芸情報サイト

読書感想文をすらすら書く方法

『だれでも書ける最高の読書感想文』の著者である齋藤孝先生のアドバイスを参考に感想文を楽しく書いてみましょう!

齋藤先生CHECK!!

読書感想文に頭を悩ませている人に、楽しくサクサクと感想文が書けるようになる方法を教えます。(『だれでも書ける最高の読書感想文』 P5 ※以下、同書より引用)
感想文を書くことは、自分の思いを言葉にして人に伝える「思考のトレーニング」です。決められた期限までに、決められた分量で自分の考えをまとめる力をつけるトレーニング。
けっして意味のないことではない。一生役立つものなんです。(P26)

齋藤 孝

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。著書に『だれでも書ける最高の読書感想文』『三色ボールペンで読む日本語』『呼吸入門』(以上、角川文庫)、『語彙力こそが教養である』『上機嫌の作法』『三色ボールペン活用術』(以上、角川新書)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など多数。

STEP1本を選びましょう!

齋藤先生CHECK!!

好きなもの、興味あるものがいちばん! おススメは、興味あることが登場する本で楽しく読み、楽しく書くこと。(P214)

角川文庫は、名作・話題作をたくさんご用意しています!

名作・話題作を探す

「カドフェス2017」LINE UPから探す!

興味のあるテーマから本を選んでみましょう!

「きみが見つける物語」特設サイトで探す!

角川文庫が贈る十代のための名作。今の自分の気持ちに寄り添うぴったりの1冊を探してみよう。

STEP2「書きたいことメモ」をつくりましょう!

いきなり書きはじめずに、気になった言葉や、思ったことを箇条書きしてみましょう。

齋藤先生CHECK!!

「グッとくるいい言葉」をさがす。 「この言い方カッコいいなあ」「このセリフ、ジーンときた」と感じたところや、「この文章すごくいいな」と思ったところをさがす。それをチェックしておいて、メモに書き出すんだ。読んでいる段階から書くときのことを考えておく。
そのために、本に書き込みをしながら読むことを僕はおススメしています。 「グッときたところ」というのは、自分が何かを強く感じたところ。きみの感想のエッセンスになる。(P61〜P63)

書きたいことを三つにしぼる 三つにしぼりこむことは、文章が散漫にならないための大事な方法です。(P66)

本を読み終わったら、箇条書のメモをつくります。 全部あげきったら、自分がこの感想文でいちばん人に伝えたいことは何かと考えて、①②③と優先順位をつける。 ①まず、自分が書きたいことをどんどんあげる。 ②その中でもいちばん伝えたいことは何かを考える。 ③大事だと思うことに優先順位をつける。これが決まったら文章の構成を考える。(P76〜P77)

STEP3「書きたいことメモ」をもとに書いてみましょう!

「書きたいことメモ」をもとに文章を構築してみましょう。

齋藤先生CHECK!!

いちばん大事なことから書く 「構成を考えるのが苦手」という人は、とにかくいちばん伝えたいと思ったことから書くことです。(P80)

「なぜ」からはじめるとスイスイ書ける 書き出しの一文に悩んでしまうときは、「なぜこの本で感想文を書こうと思ったのか」から始めるといい。(P83)

「ビフォー」「アフター」の変化に着目する 読んだ後に「どう思ったか」ではなくて、読む前と読んだ後で「自分の心がどう動いたか」にポイントを置くと、ひとことしか書くことがない、なんていうことにならずにすむ。(P88)

STEP4 推敲してみましょう!!

提出する前に、文章が人に伝わるか読み直し書き直ししてみましょう。

齋藤先生CHECK!!

冷めた頭で見直す 人が読むということを考えると、いったん頭をクールダウンさせて、冷静なもうひとりの自分の目で読み直してみることが必要だ。 ①感情的になりすぎて、自分にしかわからない表現をしていないか。 ②だれかを傷つけるような内容になっていないか。 ③日本語の文章としての誤りはないか。(P131〜133)

運命を変える一冊を探そう。運命を変える一冊を探そう。